修復歴車とは?

一般的には(社)自動車公正取引協議会(以下、公取協)の定義において指定される個所を交換または修正した車を修復歴車と呼んでいます。

具体的にはフレーム、フロントクロスメンバー、フロントインサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、ルームフロアパネル、トランクフロアパネルのいずれかの修正、またはラジエターコアサポートの交換が行われた車が該当します。

この定義ゆえに修復歴車がすなわち事故車とは限らない。

また、ボディ表面の擦りキズを塗り直した程度では修復歴車にはならず、さらにいえば、該当個所に損傷があっても修正・交換をしていなければ、その時点では修復歴車とは言わない。

当社では公取協の定義に基づいて修復歴の有無を表示しています。

画像の説明

修復歴車の良いところ

  • 何といっても値段が安い

※修復の度合いによっても違ってきますが、極軽度な修復しかしていないものでも、同年式・同じくらいの走行距離の中古車と比べると10~15万円安いです。
もちろん修理の度合いが重度ものになればなる程値段は安くなります。

修復歴車の良くないところ

  • 修復の度合いの見極めが難しい
  • 修理度合い・修理箇所によっては、部品のズレや浮きがある

ひとこと

修復歴車を選ぶのは車の知識がないとなかなか難しいです。

やはりお客様立場で考えた場合

と、考えるのも頷けます。

しかし、お客様自身できちんと修復度合い、修復歴内容を理解されれば

「そのくらいの事なら別に構わない」

と、修復歴車を選ばれるお客様がいることもまた事実です。

当社でも、修復歴も数台取り扱っております。

それは足回り系統までダメージを受けていない程度のもの(軽度な修復)を選んで仕入れております。

当社ではお客様の修復車への不安を少しでも減らして頂けるよう、修復箇所をお客様の目で確認して頂き、修復内容もきちんとご説明致します。

それでも心配な方がいればオークションの出品リストの提示も致します。
リストを見て頂ければ偽りの表示をしていないことが分かって頂けます。

情報を隠さず、修理箇所を一緒に確認し、きちんと説明することでお客様も理解してもらう事が出来ると考えております。

もちろん修復歴車でも中古車保証(追加料金はありません)を付けて販売しております。

修復箇所はもちろん、充分に点検・確認、必要に応じて修理をしてから納車致しますが、万が一不具合を感じられたら当社で保証対応致します。

修復歴車でも、いきなり購入候補から外すのではなく、

「どこの箇所を、どのような修理をしたのか?」

「修復の度合いはどの程度か?」

と、質問してみてください。

極軽度な修復で、

「この程度なら」

と、納得し、思われていた予算よりも格安で購入出来るかもしれません。

お問い合わせ

a:3255 t:1 y:0